■コーヒー

矢萩は毎朝、助手に淹れてもらっていたのだが、その日の気分で味が変わることに辟易していた。とはいえ自分で淹れても味にむらっ気があるのだが…。