これから。

古い記事をリストアップしたり、カテゴリ別けをしていつでも見たい記事を遡れる、というようなことから手を放してみることにした。古い記事は、1ページずつ遡っていくしかない方針に。