ライティングにもデザインを。5/8話目。

家猫は、コード(HTML/CSS)やプログラムが書けないので、コーダーやプログラマと組んで仕事をすることが多くありました。

で、あるプログラマの方の奥さんがイラストレーターだったんだけど、こんな相談をされました。

『私は、絵を描く機械じゃない…』

この方は会社に所属するイラストレーターでしたが、デザイナーのように何度も修正を強いられていました。しかも、案件のたびに毎回、絵柄を変えることまでをも強要されていたということでした。

会社には逆らえないし、会社の業務内での制作なので、著作権も作者個人のものにならないし…。

ということですごく悩んでいました。

家猫がフリーランスを決意したのは、こういうことにならないためでもありました。もし、イラストレーターに依頼をする時は、『絵を描く機械』扱いしないようにして欲しいと思います。

絵を描く能力を身に付けるには、子供のころから何十年も必要なので、どうぞよろしくお願いします。

<4話目へ     5話目     6話目へ>