ライティングにもデザインを。6/8話目。

さて、そろそろ本題に入ります。

ライターやブロガーで文章を書いている人は、デザイナーやイラストレーターと組んでみるのはどうでしょうか、というのが私の提案になります。

絵を描く人も機械じゃなくて人間なので、その点にだけは気を付けて。そして、文章を書くことと絵を描くことという、別方向の能力を組み合わせるのはとてもとても有効なのではないですか。

と、家猫はそんな風に思うのです。

何度も何度も修正を出す、という状況になってしまう場合は、デザイナーの作風がクライアントに合っていないというだけのことです。

わざわざ不味いお店に行って、わざわざお金を払って食事をして、料理を美味しくないというのはナンセンスが過ぎます。客にお店を選ぶ権利があるのと同じように、クライアントはデザイナーを選ぶことができます。作風が合わず、上手くいかない場合は仕方がないとあきらめて、自分に合ったデザイナーを探せばいいというだけのことです。

そんな風にして上手く、ライター・ブロガーとデザイナー・イラストレーター・漫画家とが組むことができたらと、そんな風に家猫は思います。

<5話目へ     6話目     7話目へ>